うしろを振り返りたいときはいつでも振り返ろう、
でもそれを忘れるくらいでちょうどいい。
kawae minako
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
さよなら、マイケル。
評価:
マイケル・ジャクソン,クインシー・ジョーンズ,ロッド・テンパートン
SMJ
(2009-07-08)

 
「スリラー」はもう、MTVだけで
アルバムも買わなかったけど・・・

マイケルといえば何と言っても、
本当に磨り減るんじゃないか〜?
と、思うくらい聴きこんだのが、このアルバム(レコード)。
当時絶好調の、クインシー・ジョーンズの力もあるんだけど
それに応える楽曲と、ヴォーカルのひと皮剥けた艶やかさは見事。
あの、ジャクソン5がついに・・・と、大興奮したものです。

そしてそのまま大きくなれば・・・
ってところなんですが

そうならずに
アメリカの全てを、ひとりで飲み込んで「POP」になって・・・
彼のおかげで、良質なアメリカン・ソウルは
生き残ったんだと思います。
その後のHIPHOPの誕生も、彼が「POP」に突き進んだからです。

記録に残るのは「スリラー」だけど
音楽史に記憶として残っているのは、このアルバム。
このアルバムがあったから、あんな姿になっても
彼は、最後までマイケル・ジャクソン。

清志郎がいなくなった日本も心配だけど、
彼がいなくなった、これからのアメリカは
本当に・・・どうする?


そして、偶然にも7月8日に彼のアルバムが全部
レコードそのままの紙ジャケで再発されます。
この機会に是非。
news comments(4) trackbacks(0)
TAMIOの後輩
 
日曜日に、TAMIOの後輩が来ることになりました。

まだ、やっと乳離れしたばかりのフニャフニャですが・・・
真っ黒い女の子です。
野良でも最近見ないし
ペットショップじゃ、まず買えない黒ネコ
TAMIOをいただいた、同じ動物病院にいました。

とりあえずケージを買ったものの
まだ、名無し。

候補は・・・

TAMIOとYUMINGを足して、TAMING(ターミン)
中島美嘉と書いて、ミカ
などなど・・・

どちらにしても、来週にはブログのタイトルが変わる・・・かも?

news comments(5) trackbacks(0)
レイナード・スキナード
 
死んだ、レオン・ウィルクソンに代わって参加した
新しいベーシスト、ドナルド・エヴァンスが、癌で亡くなった。


たくさんのメンバーやクルーを事故や病気で
亡くしているバンドだけど、今も現役。

外国のミュージシャンでは
エルビス・コステロより
REMより
誰よりも一番たくさん、ライブ・ステージを見ているバンド。

多分また、新しいベーシストを迎えて
日本に来て、普通に演奏していくと思う。

だから、また来日したら行こう♪
news comments(0) trackbacks(0)
「愛し合ってるかーい!」・・・安らかに。
 

訃報:忌野清志郎さん58歳=ロック歌手 がん治療続け

忌野清志郎さん
忌野清志郎さん

 「ベイベー!」や「愛し合ってるかーい!」などの決めぜりふ、奇抜な衣装と演出で知られる
ロック歌手、忌野清志郎(いまわの・きよしろう、本名・栗原清志=くりはら・きよし)さんが2日、
がん性リンパ管症のため死去した。58歳だった。
葬儀は9日午後1時、東京都港区南青山の青山葬儀所。
喪主は妻の栗原景子(くりはら・けいこ)さん。


 東京生まれ。68年に中学校の同級生らと、忌野さんをリーダーとするバンド
「RCサクセション」を結成、70年に「宝くじは買わない」でデビューした。
72年には「ぼくの好きな先生」が、82年には坂本龍一さんと組んでリリースした
シングル「い・け・な・いルージュマジック」が大ヒットし、
日本の「ロックの神様」としてコンサートのほか、CMや映画などで活躍した。


 一方、「音楽は時代の刺激剤であるべきだ」との信念を持ち、
政治的なメッセージを込めた歌も歌った。
そのため、反原発を扱ったアルバム「COVERS」やパンクロック風にアレンジした
「君が代」が入ったアルバム「冬の十字架」が一時、発売中止になったり、
コンサートで突然「あこがれの北朝鮮」「君が代」を歌って、
FM中継が中断したこともあった。


 06年7月に喉頭(こうとう)がんと診断され入院。
治療を続けた後、08年2月に日本武道館で本格復帰した。
しかし、同7月、左腸骨にがんが転移していたことが判明、
再び活動を中止し放射線治療などを続けていた。

from 毎日新聞



・・・先に逝くなよ〜

news comments(4) trackbacks(0)
絆の日
 
kame

昨日は、「絆の日」だったそう・・・

バレンタインとホワイトデーの間で
恋人同士の絆を深める日・・・とのこと。
つな〜ツー・ナナ〜27 に決まったらしい。


写真は、杉本博司「歴史の歴史」より
化石「二匹の亀」

突然の天地異変で埋もれた亀の親子
手足を、甲羅にしまう時間も無かったと思われる・・・
そんな中
親に必死にすがる子亀と
子供を必死に首を曲げて見守る親亀

・・・まるで生きているよう
でも白亜紀、6500万年〜1億4000万年前のこと。



大阪にも行かなきゃ☆

news comments(0) trackbacks(0)
元旦のお知らせ♪
 
元旦に届いた嬉しいお知らせ・・・ふたつ。


ユニコーン再結成!

YUMING、3年ぶり35枚目のアルバム・タイトル決定
「そしてもう一度夢見るだろう」
news comments(0) trackbacks(0)
HONDA

honda

ホンダがF−1を撤退。

僕の中では、ホンダ=セナ
セナがいなくても、ホンダを応援するのは
日本のエンジンだからじゃなく、セナが愛したエンジンだから。

今回はどうやら、完全撤退、復帰なしと明言してるらしい。

ありがとう。 
news comments(2) trackbacks(0)
「明日の神話」序幕 and・・・

taro 

■岡本太郎の巨大壁画、渋谷に出現――
渋谷駅と井の頭線改札を結ぶ「渋谷マークシティ」2階連絡通路で11月17日午後、
芸術家・岡本太郎が描いた巨大壁画「明日の神話」の一般公開が始まった。
制作後30年以上にわたり所在不明となり、数奇の運命をたどった岡本太郎「幻」の代表作が
駅構内に恒久設置されるとあり、今後忠犬ハチ公像やモヤイ像に次ぐ渋谷駅の新たなシンボル
としても注目が集まる。

三つどもえとなった招致合戦を制したのは、恒久設置場所に提案した
1日30万人もの通行客がある同連絡口で、絵を見に訪れる人だけでなく多くの人が
目にすることができるなど高い情報発信性が評価された渋谷。
日中は自然光で作品を見られるほか、連絡通路内の通行客だけでなく、
ハチ公前交差点からも壁画の一部を見ることができる。
駅周辺には、青山通り沿い・こどもの城(渋谷区神宮前5)にモニュメント「こどもの樹」、
青山には岡本太郎の生前のアトリエ兼自宅だった「岡本太郎記念館」(港区南青山6)が
それぞれあり、岡本太郎とのゆかりも深い。

一方、「ハチ公から太郎へ。」をスローガンに招致活動を進めてきた小林理事長は
「こんなにうれしいことはない」と喜びを爆発させ、「岡本太郎の象徴にもなっている『赤』が
渋谷駅周辺のまちづくりの原動力になれば」と話した。
設置後は、常時警備員を配置するなど壁画の保全活動にも乗り出す。設置場所については
「(渋谷マークシティ連絡通路が)ぴったりの場所」としながらも、
駅の再開発が進む渋谷駅東口エリアの開発に伴い「絵に合わせた空間を作ることになる」
と移設の可能性も示唆した。

そうか、移設するつもりなんだ・・・それ、ズルじゃない?


and・・・ぎゃんちゃんのスタート地点 「ドゥ マゴ」のすぐ側では・・・

壁画公開を記念し、渋谷「Bunkamura」(道玄坂2)地下1階ガーデンフロアでは、
岡本太郎自身をモチーフにしたフィギュアやお釈迦(しゃか)様のような手が印象的な
立体作品「手の椅子」など、岡本太郎の立体作品4点を展示する
企画展「TARO WEEK 2008」を開催。
作品は実際に触れ、写真を撮ることもできる。
入場無料。今月24日まで。

青山まで、足を延ばす時間がないかたは是非。

news comments(0) trackbacks(0)
「明日の神話」 もうすぐ。
明日の神話 

今日、前を通ったら
後はもう幕を下ろすだけ〜☆ の状態でした。

天空の下で、いやいや
なかなかいい場所です。
news comments(0) trackbacks(0)
「明日の神話」到着

rry

拍手 やっと安住の地に到着。
11月17日から公開〜★
11月20日に東京に来る方々は是非。
とっても広くていい場所で、外光の元で見れるのが最高です。 


JR渋谷駅(西口)と井の頭線改札を結ぶ「渋谷マークシティ」2階連絡通路部分で搬入・設置作業が進められている岡本太郎作の巨大壁画「明日の神話」の設置作業の様子が10月16日深夜から17日未明にかけて報道陣に公開され、壁画中央部分に描かれた「がい骨」が一般公開を前にひと足早く渋谷駅構内に姿を現した。

 「明日の神話」は、岡本太郎がメキシコの地で原爆さく裂の瞬間を描いた、縦5.5メートル、幅30メートルに及ぶ巨大壁画作品。所在不明なって以来、30年以上の時を経てメキシコシティー郊外で発見され、修復作業後、国内で一般公開。今年3月、共に招致に名乗りを上げていた広島市、大阪市に競り勝つかたちで、渋谷への恒久設置が決まった。

 8月27日から始まった設置工事は、作品の安全を考慮し、仮設の足場などを組む準備に約1カ月をかけ、10月に入り本体工事、壁画搬入を開始。横長の作品を縦に14分割した壁画は、作業員の手によって慎重に搬入、設置作業が進められ、この日は午前中に作品の核にもなっている「がい骨」が描かれた中央部分の2枚を運び込み、実際に壁に取り付けるまでの様子を報道陣に公開した。

 搬入のために特注したという専用の木箱から取り出された壁画は、壁に取り付けるため慎重に立ち上げられ、約1時間30分かけて渋谷駅構内の壁面に掲げられた。この日で14分割された作品のすべての搬入、設置が一旦終了。壁画は今後、作業を深夜から日中に切り替え、外気に触れた際の調整など最終調整を繰り返し、11月17日に一般公開を迎える。

from 渋谷経済新聞
news comments(2) trackbacks(1)
| 1/2 | >>